バストアップと成長ホルモン >> 成長ホルモンでバストアップ

成長ホルモンでバストアップ

バストが成長する時期には個人差があり、早い子では小学校の低学年くらいからバストの成長が始まりますが、平均的には12歳前後が最もバストが成長します。

そのバストアップの鍵を握るのが、ラクトゲン受容体と成長ホルモンです。

女性は、ある年齢になると乳腺に「ラクトゲン受容体」ができあがり、このラクトゲン受容体に成長ホルモンが作用する事で、バストが大きくなります。しかし、このラクトゲン受容体ができる年齢には個人差があり、10歳前後でできる人もいれば、20歳、30歳頃にできる人います。中には、一生できない人もいます。

成長ホルモンのピークは13~17歳頃ですので、この期間にラクトゲン受容体ができていれば、その後の数年で成長ホルモンが作用して、バストが大きく成長します。人によっては20歳を超えてからラクトゲン受容体ができる人もいます。しかし、ラクトゲン受容体が成熟する一方で、成長ホルモンは20歳を境に年々減少していきますので、20歳を超えてからラクトゲン受容体が成熟している場合、バストは大きく成長できないのです。

つまり、成長ホルモン、ラクトゲン受容体のどちらか一方が欠けていると、バストは成長できないということになります。


コンテンツ一覧
バストアップと成長ホルモンの効果TOP
胸が大きくなる仕組み~成長ホルモンとラクトゲン受容体
成長ホルモン分泌の減少のデメリット
成長ホルモンのメリット~バストアップ
成長ホルモンのメリット~肌のハリが蘇る
成長ホルモンのメリット~ダイエット効果
成長ホルモンのメリット~身長を伸ばす
成長ホルモンのメリット~健康的で丈夫な骨・筋肉を形成する



婚約指輪