バストアップと成長ホルモン >> 成長ホルモンでハリのある肌へ

成長ホルモンでハリのある肌へ

【成長ホルモンとお肌の関係】

年齢と共に目元、口元、首まわりからハリが失われてゆき、25歳を越えたあたりから肌の老化を少しづつ感じ始めます。赤ちゃんのプルプル肌と年齢を重ねたシワシワ肌その違いは何でしょうか?

答えは皮膚組織の水分保有率の違いにあるのです。

一般に赤ちゃんの水分保有率は89%、その後年を重ねる毎に20歳で68% 、30歳で45%、50歳で32%、60歳18%程度まで皮膚組織の水分保有率が減少します。
これは皮膚内部におけるコラーゲンや保水物質の減少によるものです。人間の細胞はムコ多糖類と呼ばれる保水物質がコラーゲンからなる細胞間を埋めることで保水力を保っています。

保水物質(ムコ多糖類)の代表としてはヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸が近年注目を浴びています。特にヒアルロン酸は わずか1グラムで6リットルもの水分を保持することが可能で、肌の老化と直接関係してきます。

では肌を若返らせるためにはヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを摂取すれば十分なのでしょうか?

確かに、ある一定量以上のヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを日々服用することは、お肌の老化に対し若干の改善策になる可能性は大いにあるでしょう。しかしそれらは根本的な改善策には成り得ないともいえます。

なぜでしょうか?

答えは、肌がヒアルロン酸やコラーゲンを取り入れる為に成長ホルモンが必須であるという点にあります。
10代の頃を思い出してみると分かりやすいかもしれません。

10代の頃というのは体内の成長ホルモン濃度は高く、寝る前にはダメージを受けていた肌も、『肌再生時間』とよばれる AM0時~AM2時頃にしっかり睡眠を取ることで、朝になれば、しっかりとツヤを取り戻したものです。

あなたが寝ているAM0時~AM2時の間に十分な量の成長ホルモンが一生懸命あなたの肌の修復を行なっていたわけです。
逆に、どんなに若くても不規則な生活を送っていると、十分な量の成長ホルモンが分泌されず、肌の回復が出来ず、結果的に肌の老化を早めることになります。

お肌の曲がり角と呼ばれる25歳を過ぎた辺りから、『肌再生時間』とよばれるAM0時~AM2時頃にしっかり睡眠を取っても十分に肌が回復しない現象が徐々に起こり始めます。

それこそが成長ホルモン分泌量減少によるものです。


コンテンツ一覧
バストアップと成長ホルモンの効果TOP
胸が大きくなる仕組み~成長ホルモンとラクトゲン受容体
成長ホルモン分泌の減少のデメリット
成長ホルモンのメリット~バストアップ
成長ホルモンのメリット~肌のハリが蘇る
成長ホルモンのメリット~ダイエット効果
成長ホルモンのメリット~身長を伸ばす
成長ホルモンのメリット~健康的で丈夫な骨・筋肉を形成する



婚約指輪